定期演奏会

2020.10.03 Saturday 14:18
0

    こんにちは。

    昨日、東海大翔洋高校の吹奏楽定期演奏会に行かせていただきました。

    当教室の生徒さんが参加している定期演奏会で、毎年行こう、行こうと思ってもなかなか日程の調整ができずにいたのですが、今年ようやく行くことができました。



    今年はコロナで本当に色んな悲惨なことがありました。学校すら行くことができない日々が続き、全部活動の大会がことごとく中止するという本当に言葉に表せないような酷い状況になってしまいました。


    その中で、行うこの定期演奏会は、やはり感染症対策として体温検査や、来場者の個人情報提出、座席の間隔を開けるなど、学生のみならず親御さんも徹底してやられていました。


    過去にない3日間連続公演ということで、今年最初で最後の初日の演奏会で、わたし自身も今年初の鑑賞で、本当に素晴らしい演奏会を見させてもらいました。


    演奏してくれる学生や先生たちの並々ならぬ意気込みを見ているだけで胸が熱くなります。

    正直この気持ちをどう書き表したらいいのかわからないので、多分文脈とかもめちゃくちゃになるかもしれませんのでごめんなさい。


    一曲一曲にかける想いや、一つひとつの手作りの小道具やプログラムなどを一体どんな気持ちでみんなここまで作り、仕上げてきたのだろう。今何を考えて演奏しているのだろう。そんなことを考えずにはいられませんでした。


    今日ここで演奏会ができて本当によかったね!開催してくれて本当にありがとう!という言葉しか言えません。本当によかったし、音楽ってこんなに人の感情を揺さぶるものなのだろうと改めて思い知らされ、それと同時に絶対になくしてはいけないし、こういう機会を奪ってはいけないものだと強く強く思いました。


    私たち大人はもう諦めることに慣れきってしまっていますので、今年のような事態に見舞われても

    「こんな世の中だから仕方ない。」

    「みんな中止だから仕方ない。」

    一時の怒りや悔しさはあれども、その内全て仕方ないで片付けられてしまいます。今では中止と聞いても「まあ、そうだよね。」くらいしか言葉が出ないほど諦めきっていますよ…。


    しかし、大人の1年と学生の1年は同じ1年ではない!!学生には今しかなくて「また」なんてないんですよね。

    演奏会の中で「綺麗事では片付けられない思いがある」と言われていましたが本当にその通りだと思います。

    昨日の学生の「かわいそうな学年で終わらせたくない!」という言葉が胸に突き刺さりました。


    演奏は3時間もありましたが、あっという間に感じるほど演奏も素晴らしく、エンターテイメント性も充実していました。

    演奏会を行えたことは本当に素晴らしいことだと思いますし、こんなときにこんな素晴らしい演奏会を見せてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。


    また野球部かな?しっかり盛り上げ役を務め上げていい雰囲気だなと感じました。


    まだ今日と明日もあるようですが、最終日も見に行きたいなと思ってしまいました。最後にこの子たちが笑って終わるのか、泣いて終わるのか、なんか見届けたいというよくわからない気持ちが出てしまいました。


    今年はトータルしてマイナスしかありませんが、だからこそきっと一生の思い出としてこの演奏会のことが私の心に残るのではないかと思うほど感極まりました。


    本当にありがとうございました!


    …って本当はみんなに言葉で伝えたい(笑)


    では!!


    加藤ギター教室のホームページはこちらから

    http://kato-guitar.com/ 

    体験レッスン募集中です♪



    category:日記 | by:加藤 和英 | - | - | -

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM